よちよち歩きのペンギンぺんたぁず

サイトマップ

エンペラーペンギンの紹介

極寒にたたずむ姿、まさに皇帝

エンペラーペンギンのイラスト
エンペラーペンギンのイラスト

エンペラー属・エンペラー種

【学名】
Aptenodytes forsteri
(アプテノディテス フォルステリ)
【英名】
Emperor Penguin
【別和名】
コウテイペンギン 皇帝ペンギン
【由来】
 種小名のforsteri(フォルステリ)は、キャプテン・クックに同行したことのあるナチュラリスト、J.R.フォースターにちなんで命名された。
【亜種】
なし

形態

成鳥の形態

ペンギンの中でも最大の種。雌雄の外観はほぼ同じ

特徴

首の左右にレモン・イエローの腎臓形のような形をした斑紋があり、下くちばしにピンクまたはオレンジか薄紫色の装飾片(周期的にはがれ落ちるくちばしの一部)がある。

身体

頭からあご、のどにかけては黒で、胸の上部や眼の後ろの部分にあるレモン・イエローの斑紋との境界は、ハッキリ分かれている。眼の後ろの耳にあたる部分にある斑紋は幅が広く(4cm)、首のあたりでは光沢のある黄色であるが、胸の上部に向かうにしたがい、だんだん淡い黄色になる。レモン・イエローの斑紋の下の端は、首の付け根の灰青色の羽毛と混じっている。

身体は、背中側が襟首から尾っぽにかけて暗い灰青色であるが、12〜2月になると茶色くなってくる。腹側は光沢のある白色で、胸の上部は薄い黄色。背中側とは、首とフリッパーの間に延びている黒い帯で分けられている。この帯の上部はレモンイエローの斑紋と胸の上部を区切っている

フリッパーは、背中と同じ暗い灰青色。白い腹部と背側の灰青色の羽毛との境界には黒く細いラインがあり、その先端の首の付け根あたりの部分は円形に膨らんだ黒い羽毛の斑紋になっている。

目くちばし

虹彩は、茶色。
 くちばしは細く、緩やかに曲がっている。上くちばしは黒く、下くちばしはピンクかオレンジか薄紫色の装飾片(周期的にはがれ落ちるくちばしの一部)がある。

脚と足は黒く、前足首まで羽毛に覆われている。

体長・体重

100〜130cm 24.7〜36.7kg

食べ物

大きな魚類やイカ・タコは水深400〜450mにまで潜水して追いかけ捕まえるが、海底付近まで潜水する事もある。小魚や甲殻類は海氷の裏にいるものを捕まえる。1回の採餌旅行で150〜1000kmの距離まで移動する。

性格

多種のペンギンに比べて攻撃性は低い。これはおそらく、エンペラーが密集することを好み、なわばり意識を持たないという社会的性質によるものだろう。エンペラーは海において非常に社会的で、グループ行動するのが普通で、集団で餌を捕えたりする。全ての個体がいっぺんに潜って、いっぺんに浮上する。

寿命

中間値で、19.9歳齢。

幼鳥の形態

ほとんどの部分は銀灰色です。頭は黒く、眼の周りと頬とのどは白く目立っている。
 (愛くるしい姿なので、あちらこちらのメディアでよく見かける。 …注・作者)

エンペラーペンギンのヒナのイラスト
エンペラーペンギンのヒナのイラスト
エンペラーペンギンの生息域

▲地図にカーソルを乗せると、拡大されます。

生息環境

生息域

極付近に生息しており、主に南極圏の冷たい海域に限定される。つまり、浮氷の流出限界までである。繁殖は、南緯66〜78度の南極大陸や南極半島と、その周囲の島々の端にくっついている棚氷の上で行われる。ロス海においては、ペンギン達は南緯70度以南にしかいなくて、大陸棚斜面と大陸棚の上に張った棚氷の上に集中している。流鳥は南米のフエゴ島、フォークランド諸島、サウス・ジョージア島、サウス・サンドウィッチ諸島、ケルゲレン諸島、ハード島、ニュージーランド、南アフリカから報告されている。

繁殖地

南極大陸に限定され、南緯66〜78度の、氷結海上や南極大陸沿岸の沖の島々。ロス海では、南緯70度以南の大陸沿岸や棚氷の上。

個体数

1990年にマーチャントとヒギンズによって、ケープ・ワシントンに20〜2万5000、コールマン島、ヴィクトリア・ランドに2万1708、ハーレイ湾、コーツランドに1万4300〜3万1400、アトカ湾、ドロンニング・モードランドに1万6000つがいの繁殖が確認されている。

個体数の総計は最低でも19万5400繁殖つがい、全個体数は約40万〜45万羽と推定される。ロス海域には、全個体数の約半数がいると考えられている。人間の活動のために、ロス海域の繁殖個体数は約50%減少した可能性がある。

繁殖時期

海が凍り始める、3〜4月初めにコロニーに戻ってくる。3〜6月初めに大きな卵を1つだけ生む。孵化後、45〜50日間は両親がヒナの面倒を見て、交替で採餌旅行に出かける。それから、ヒナはクレイシ(共同保育所)を形成するようになる。12〜1月初めに、だいたい150日齢でコロニーを旅立つまで、クレイシは維持される。

海上。南極圏の中でも浮氷のある地域に限定される。繁殖コロニーは主に、陸地に固着した海上の平らな場所に作られる。氷はきわめて硬く、陸地にしっかりと固定しているので、繁殖期に氷が壊れることはない。巨大なコロニーを作るが、巣やテリトリーを持たない。成鳥は特に連帯感が強く、特に産卵中は、大きなグループや密集状態を形成する。抱卵はオスのみによって行われ、卵を足の上に乗せ、上から抱卵嚢(ほうらんのう)と呼ばれるたるんだ お腹の皮をかぶせ温める。

育雛と巣立

エンペラー達はおそらくは散らばって、1〜3月を海で過ごす。海が凍り始めると、ペンギン達は繁殖コロニーに戻ってくる。50〜120kmを歩くこともしばしばある。オスはメスより数日早く到着する。メスは到着から産卵が終わるまで約40日間、何も食べずにコロニーで過ごす。オスは繁殖コロニー到着から抱卵終了まで、115日間の絶食に耐えなくてはならない。

コロニーを作り、巣の場所やテリトリーはない。ただし、つがいがいる場所の周囲は、くちばしでつつける範囲で防衛する。産卵は、コロニーによってバラつきはあるが、コロニー内で一斉に始まる傾向が極めて強い。卵の数は1つで、代わりの卵を産む事もない。産卵後、メスは食料補給のために海に採餌に帰り、オスが抱卵期間中(64日間)の全責任を追う。

抱卵はオスのみによって行われ、寒さに対し、ひとかたまりに集まってブリザードに耐え抜く(…ハドル)。500〜1000羽が集まるのはごく普通なことで、悪天候の時などは全てのオスが1つの巨大な密集態勢(…ハドル)を形成する。エンペラーはヒナや卵を足の上に乗せたままでコロニー内を移動する。抱卵期間は64.4日間です。

ヒナは、孵化に24〜48時間を要する。孵化の頃にはメスはコロニーに戻ってくる。(7月中旬〜8月上旬)。ただし、その前にヒナが孵化した場合は、オスは115日の絶食の果てに、ヒナに「ペンギン・ミルク」と呼ばれるオスの食道からの分泌物を与える。この分泌物だけでも、ヒナの体重が倍になるまで育てることができる。

ヒナは10日間まではオス親に育てられる。それからオスはメスと交代し海へ旅立つ。24日間にわたってメスが育雛と給餌を行う。オスが戻ってくるまでには、さらに7日間かかる。

ヒナは1ヶ月齢にもなると抱卵嚢(ほうらんのう)と呼ばれるお腹の皮の下から出て過ごすようになる。孵化後、45〜50日間は両親がヒナの面倒を見て、交代で採餌旅行に出かける。それから、ヒナはクレイシ(共同保育所)を形成するようになる。(ただし、この時期は各コロニー間でかなりの違いがある。)クレイシの形成期間中は、ヒナの成長に伴い、給餌のために親がコロニーを離れる頻度が増す。この頃には、浮氷が減り、外洋までの距離が近くなる。

ヒナは、11月上旬には約40日間かけて、初めての換羽を始める。親はヒナへの給餌をやめ、ヒナは換羽完了を待たずにコロニーを去る。12〜1月初めに、だいたい150日齢でコロニーを旅立つまで、クレイシは維持される。ヒナ達は外洋まで10〜60kmの距離を歩かなくてはならなかった。コロニーを離れた時点ではヒナはまだ綿羽におおわれている。

ハドル

繁殖は厳冬期にに行われるので、1日中夜ばかりの条件下、気温はマイナス60度以下まで下がり、しばしば秒速50mに達する猛烈なブリザードが襲って、ペンギン達を雪に埋めてしまう。ブリザードの時は、互いに密集した集団を作り、体温を保つ。それが、ハドルです。

ハドルを形成する個体は、ブリザードの風下に向かってかたまり、同じ歩みでゆっくりと、ハドルの外側を回って前方に移動する。こうしてハドル中央部の最も暖かい部分へ、入り込もうとする。

クレイシ

孵化後、45〜50日間は両親に交代で世話を受けた後、ヒナ達はクレイシに入る。ヒナ達は、仲間達と暖め合い、危険から逃れるためのハドルを形成する。

両親は、クレイシのヒナの甲高い鳴声によって彼らを探し当て、餌を与える。ヒナは両親の声を覚えてないといけないし、餌をもって帰った両親に返事をしなければならない。この給餌は真夏の12月まで続く。

換羽

成鳥は繁殖期の後の1〜2月に、30〜40日かけて換羽を行う。

補足

  • エンペラーは、南極の厳冬期という地球上で最も過酷な自然環境下で繁殖することに適した、じつに驚くべき生き物である。
  • 潜水深度の最高記録は450mで、その時の潜水速度は平均秒速1.40±0.21mが、記録されている。
  • 人間に対しては以前は見かける事が無かったので、のんびりしており、探検隊に多くのエンペラーが叩き殺された悲劇もあった。現在は、南極条約により保護されている。
  • 一夫一妻制ではあるが、シーズンの間でのつがいの絆は極めて弱い。これは、過酷な自然環境の為、配偶者が死んでしまう場合が多い為と思われる。
  • 両親が交代で採餌に出かける時、片方の親の足の上から、もう片方の親の足の上にヒナを移すときに、ヒナが氷の上へ滑り落ちると、ヒナはたちまち凍死するか、「ヒナ盗み」にあう。「ヒナ盗み」は、配偶者がいなかったり、ヒナを失ってしまった個体によっておこなわれる。(長い絶食を続けての抱卵や、抱卵交代後の海への往復で、オスの死亡率が高く、コロニーには配偶者のいないメスが横行することが原因。)どちらの場合も、ヒナが生きのびるチャンスは少なく、たとえ善意の里親でも、その個体に配偶者がいないと、交代で育児ができないため、最終的には里子の育児を断念してしまうことになる。
  • メスの産卵後、オスは直ちにその卵をくちばしでかき寄せて自分の足の上に置き、抱卵斑(【ホウランハン」 お腹の羽毛が一部が抜け、直接血管が卵を温められるようになった部分)に接触させ、抱卵嚢(「ホウランノウ」 お腹のたるんだ皮膚)で上からおおう。そして外見上の「かかと」にあたる部分と、尾っぽに体重をかけて3点支持で立つことにより、つま先を冷たい氷面から浮かせるようにして、立ったまま抱卵する。
エンペラーペンギン『思い上がりたくない』ムービーへ移動
『思い上がりたくない』

全鳥類中、
最も寒冷地に適応した鳥。
それゆえ、
彼らは氷の楽園を選んだ。
(製作 05'07/22)

エンペラーペンギン『地球がね…』ムービーへ移動
『地球がね…』

世の中は、
理不尽と不都合で出来てるゎ。
その割には 美しい…。

(製作 06'08/01)

参考文献

… 上記紹介は、下記書籍を参考にしました。

  • 『ペンギン大百科』 平凡社  アマゾンのバナー
  • 『ペンギン ハンドブック』 どうぶつ社  アマゾンのバナー
  • 『ペンギン ガイドブック』 阪急コミュニケーションズ  アマゾンのバナー
  • 『ペンギン全種に会いに行く』 平凡社  アマゾンのバナー
  • 『ウィロー教授の ペンギン学特論』 SEG出版  アマゾンのバナー