よちよち歩きのペンギンぺんたぁず

サイトマップ

ガラパゴスペンギンの紹介

赤道直下で暮らす ペンギン

ガラパゴスペンギンのイラスト
ガラパゴスペンギンのイラスト

フンボルト属・ガラパゴス種

【学名】
Spheniscus mendiculus
(スフェニスクス メンディクルス)
【英名】
Garapagos Penguin
【別和名】
なし
【由来】
 種小名のmendiculus(メンディクルス)は、「小さな物もらい」という意味のラテン語。ヒナが親鳥に餌をねだるしぐさからそう名付けられたのだろうか。「どのペンギンのヒナもそうするのに。」

 英名の Garapagos Penguinは、ガラパゴス諸島の固有種で、ここでしか見られないから。
【亜種】
なし

形態

成鳥の形態

中型の中でも比較的小さい。雌雄の外観はほぼ同じ。

特徴

頭部は黒いが、白く細い羽毛の帯が目のはしから、後頭部に向かって伸び、頬の外縁を回って首に向かい、あごで左右がつながっている。

胸の上部に、不明瞭な黒い羽毛の帯が2本あり、上の帯は太く背側の黒い羽毛につながる。下の細い方は、白い腹部を縁取るように、両脚の付け根に向かって伸びている。

身体

額、頭頂部、顔の側面、のどは茶色がかった黒。オスは、メスよりもあごの白が目立つ。
 くちばしの付け根には、ピンク色の皮膚が裸出している。くちばしの下には白い斑点がある。繁殖期にはのどの白い羽毛が消え、ピンク色の裸出部が、くちばしの付け根や眼の周りに現れる。オスの方がこの特徴がハッキリしており、ピンクの裸出部が多い。マゼランペンギンよりはるかに細く白い帯が、眼付近から出て、頬の後ろを下へ降り、あごで左右とつながる。

背中は尾も含め、茶色がかっているか、黒みがかった色をしている。あごと 腹側には、黒っぽい不明瞭な2本の帯がある。幅広の黒帯は胸を横切り、黒い肩につながる。その下の細い黒帯は、胸の前を細く横切り、脇腹に沿ってフリッパー下までそのままの幅で続き、その後、狭まりながら脚まで続いている。胸部には個体ごとに違う黒い斑点が見られる。

フリッパーは、背側が茶色がかった黒で、腹側は白いが、つけ根のあたりでは縁が黒く変化している。

目くちばし

虹彩は、成鳥では茶色。
 くちばしは、上下くちばしの先端は黒い。下くちばしは付け根も黒いが、ピンク黄色っぽい部分が先端まで伸びている。くちばしの下には白い斑点がある。

脚と足はピンク白い斑点のある黒色で、足裏、足首、爪は黒い。

体長・体重

53cm 2〜2.5kg

食べ物

詳しい事不明だが、1〜15cmのボラ、イワシ、イサキ。それとおそらくカニやエビ等の甲殻類。

性格

『ガラパゴスペンギンの調査報告は、意外と少なく「性格や性質」に関する報告は見当たりません。フンボルト属全体の性格が当てはまるのでしょう…。性格を理解するには長い観察が必要だろうからなぁ。』(管理人)

寿命

3羽の繁殖個体が11歳以上になったという記録が有る。

幼鳥の形態

全面的に頭部は、黒っぽく、背側の羽は灰色がかっている。顔や胸部の黒い帯は無く、頭部には肌の裸出部が無い。頬は白っぽい色か灰色で、成鳥のようなあごの白い部分は無い。虹彩はピンクがかっており、眼の周りの縁どり(アイ・リング)が目立つ。

ガラパゴスペンギンの生息域

▲地図にカーソルを乗せると、拡大されます。

生息環境

生息域

大平洋のガラパゴス諸島の固有種で、ここでしか見られない。火山が多い海岸の砂漠地帯の低地で繁殖する。海岸は上陸しやすい場所を選ぶ。コロニーは内陸50m以内にあり、標高は1mである事が多い。幼鳥と若鳥は時折、サンチェゴ島、サンタ・クルス島、サン・クリストバル島、ラビダ島、フロレアナ島で観察されている。

繁殖地

熱帯のガラパゴス諸島のフェルナンディナ島東部、イサベラ島北西部、サンチェゴ島の沖のバルトロメ島。1997年、フロレアナ島で少数が繁殖しているのが確認された。

個体数

個体群の詳しいカウントは、ほとんど行われていない。ボースマが、1970年と1971年に、1000羽単位での、繁殖域全体の個体数調査を行っている。その際の総個体数は6000〜1万5000羽と見積られている。

1982〜83年のエルニーニョ現象の影響で、繁殖個体群のおよそ70%以上が減少し、多くの成鳥が餓死した。海表面温度の上昇(30℃近くまで)が、1982年10月から1983年7月にかけての繁殖を妨げた。その結果、個体数調査において、幼鳥の数が非常に少ない結果の年となった。エルニーニョ現象後、あまり回復しているようには見えない。87、91〜92年に起こった、さらなるエルニーニョ現象の為であろう。

減少を引き起こす可能性として、導入され野生化したイヌ、ネコ、最近 観光客と一緒に入ったネズミなどによる捕食。漁網による混獲。船の事故による重油流出、タンカーから排出される石油の混入した海水による死亡が問題になっている。
 (1998年には、3600〜6000羽との報告も有る。…管理人)

繁殖時期

繁殖は1年のどの月でも記録されているが、海水温が24℃以下の時により多く見られる。逆にエルニーニョでは、寒流の流れが深くなり、表層面の海水温が上がる。小魚が餌にする動物プランクトン類が表層にいなくなり、小魚が少なくなる。ペンギン達は、餌を見つけられなくなるので、繁殖を控えるし、途中でも放棄される。表層の海水温が低いと、繁殖の成功率は高くなる。

本格的な巣穴を掘る事は少ない。しかし、軟らかい溶岩性の堆積地層に巣穴を掘る事もある。巣材としてはホンダワラ属の海草や、マングローブの葉や小枝を使う事もある。巣の底は、細かい溶岩性の堆積物であることが多い。既存の火山層のトンネルやクレバス、岩の間の横穴を利用することもよく見られる。こういう場所は太陽光線を遮る影となる。
 トンネル型の巣や、地表面の粗末な巣にも、骨や葉や羽毛が巣材として使われている。

通常、白い卵を2つ産む。ヒナはクレイシを形成しないが、約60日齢まで、警護なしで巣の中やそのそばに留まっている。

クレイシ
育雛と巣立
換羽

年に2度、繁殖期の前に換羽する。それは、繁殖期には体を守る為に痛んでいない羽毛が必要とされるからである。ガラパゴスペンギンの繁殖時期は、年中の餌の豊富な時に行われるので、準備しているようだ。

補足

  • 赤道直下で暮らす唯一のペンギン。だが、周辺の海は南極海からの豊かなフンボルト海流の影響で冷たい。
  • ペンギン類の中で、唯一熱帯海域に適応した種です。気温が40℃を越え、海面温度が14〜29℃まで変化する赤道直下の島々で生活してます。ガラパゴス諸島を洗う南極からの冷たいクロムウェル海流で、餌取りする。
  • 余りにも暑い赤道直下では、体を冷やす事が重大問題です。暑いと、足が日陰になるよう背を丸めて立ち、フリッパーを伸ばし両脇が日陰になるように、背中で日光を受け止める。汗線の無いペンギンは、足とフリッパーの血管を広げ放熱する。体を冷やすのに、パンティング(口を開けてハァーハァー)するが、たまらないと海へ飛び込む。
  • 20〜200羽の群れで、海を餌取りに移動する。水温が高いと群れの数は減りつがいで餌を取る。      絶滅危惧種。
ガラパゴスペンギン『体温調節』ムービーへ移動
『体温調節』

赤道直下の熱帯で暮らす
ガラパゴスペンギンの、
大事な問題は体温調節。

(製作 03'12/10)

ガラパゴスペンギン『んっ!? 気になる』ムービーへ移動
『んっ!? 気になる』

ヒナを守る為に
一生懸命のガラパゴスペンギン。
そんな、生活風景。

(製作 04'01/15)

参考文献

… 上記紹介は、下記書籍を参考にしました。

  • 『ペンギン大百科』 平凡社  アマゾンのバナー
  • 『ペンギン ハンドブック』 どうぶつ社  アマゾンのバナー
  • 『ペンギン ガイドブック』 阪急コミュニケーションズ  アマゾンのバナー
  • 『ペンギン全種に会いに行く』 平凡社  アマゾンのバナー
  • 『ペンギン大好き!』 新潮社  アマゾンのバナー