よちよち歩きのペンギンぺんたぁず

サイトマップ

アデリーペンギン属の紹介

属名詳細

【属の学名】
Pygoscelis(ピゴスケリス)
【属内の種】
アデリー属は、アデリー、ジェンツー、ヒゲ、の3種。
ジェンツーには2亜種が確認されており、キタジェンツーと、より小さいミナミジェンツーと命名されている。
ただし、羽毛による差はない。
【属名由来】
属名のPygoscelis(ピゴスケリス)は、『お尻に足の付いた』の意味。身体の後端に足がある事に由来する。

ペンギンをクリックすると、『紹介ページ』へ移動します。

  • アデリーペンギンアデリー
  • ジェンツーペンギンジェンツー
  • ヒゲペンギンヒゲ

形態

成鳥の形態

中形のペンギン属。アデリー、ヒゲは、ほぼ同じ大きさ。ジェンツーは全ペンギンの中で3番目に大きい。
背側が黒色、腹側が白色、頭の模様がそれぞれ違う。歩く時に、地面にひきずるほど長くて硬い尾羽をもつペンギンで、硬い尾羽は立って休んでる時身体を支える役目もしている。

見分け方

見分けるポイントは、それぞれ、頭部の模様が異なる。

アデリーペンギンの見分け方
アデリー
  1. ①顔全体は黒い。
  2. ②目の縁に白いアイリングが有る。
  3. ③興奮すると後頭部の黒い冠羽を起こすので、頭が角ばって見える。
ジェンツーペンギンの見分け方
ジェンツー
  1. ①顔全体は黒い。
  2. ②頭頂部に白いヘアバンド状の白い帯が有る。
  3. ③頭頂部のヘアバンドで、左右の白いアイリングがつながります。
ヒゲペンギンの見分け方
ヒゲ
  1. ①顔全体は白い。
  2. ②頭頂部は黒い。
  3. ③左右の眼から、アゴヒモ状の黒く細い帯がアゴを通り、つながっています。

生息環境

アデリーペンギン属の生息域

▲地図にカーソルを乗せると、拡大されます。

生息域

アデリーは、南極大陸の沿岸や、南極半島の西岸とその島々。ジェンツーは、極を取り巻く亜南極の島々や南極半島。ヒゲは、南極半島の南部からアンバース諸島にかけてや、南大西洋の亜南極の島々。アデリーが南から、ジェンツーが北から、ヒゲのいる南極半島に進出して来ました。

繁殖場所

コロニーには、オスがまず到着し、メスが到着する前に営巣場所を決め、巣づくりを開始する。そして露出した地面の上に雌雄が協力して小石等で巣をつくる。
 アデリーの巣は互いに接近し、ヒゲの巣はそれよりもやや間隔が開き、ジェンツーの巣はくちばしがとどかないくらいに離れている。産み落とされた2個の卵は、約5週間抱卵される。

繁殖時期

アデリーは、10月〜2月。
 ヒゲは、11月〜3月初旬。
 ジェンツーの繁殖期は地域や餌で変動する。

繁殖行動

餌を十分に与えられない場合には、先に孵化したヒナが生き残る可能性が高い。ヒゲの場合、2個の卵はほぼ同じ大きさで、ヒナは同じ日のうちに孵化し、2羽のヒナは平等に餌を与えられる。アデリーとジェンツーは、第1卵の方が第2卵よりわずかに大きく、1日か2日早く孵化する。

アデリー属3種の繁殖のしかたは、それぞれ異なった環境下で進化してきたのではないかと思われる。
 アデリーは回帰移動性(”渡り”の性質)の鳥で長期の絶食に耐えるのに対し、ジェンツーは”渡り”をしない定住者で、換羽期以外に絶食をしない。そして、ヒゲは回帰移動をし、上記2種の中間程度の絶食に耐える。ヒナは、巣立つまでに、アデリーとヒゲが7〜8週間かかるのに対し、ジェンツーはおよそ14週間を必要とする。
 アデリーのオスは、巣に対して強い縄張り意識を持つが、3種の中ではつがいの結び付きはもっとも弱い。ジェンツーは営巣地を頻繁に変えるが、つがいの結び付きは通常長く続く。比較的北寄りの繁殖地では1年中姿が見られ、南極地域の繁殖地でも7〜8月にかけて断続的に姿が見られなくなるにすぎない。そのため、営巣地が変わっても、つがいの結び付きが維持される。ヒゲはコロニーの固着性も、つがいの結び付きも強い。
 回帰移動性(”渡り”の性質)のアデリーとヒゲは、営巣地でつがいが再会するものと思われる。

採餌行動

南極半島の北にあるサウスシェットランド諸島に、キングジョージ島が有ります。この島のアドミラリティ湾のあたりにある数カ所のルッカリーでは何と、この3種が一緒に住んでいます。冬の間、アデリーが大陸棚近くの流氷帯にとどまるのに対し、ヒゲは流氷帯の北方に広く分布する。ジェンツーは、ふつう1年を通じて繁殖地周辺から移動せず、その付近で餌をとる。

参考文献

… 上記紹介は、下記書籍を参考にしました。

  • 『ペンギン大百科』 平凡社  アマゾンのバナー
  • 『ペンギン ハンドブック』 どうぶつ社  アマゾンのバナー
  • 『ペンギン ガイドブック』 阪急コミュニケーションズ  アマゾンのバナー
  • 『ウィロー教授の ペンギン学特論』 SEG出版  アマゾンのバナー