よちよち歩きのペンギンぺんたぁず

サイトマップ

エンペラーペンギン属の紹介

属名詳細

【属の学名】
Aptenodytes(アプテノディテス)
【属内の種】
エンペラー属には、エンペラー、キング、の2種。
キングには、2亜種が確認されており、ヒガシキングと、ニシキングと命名されている。

ヴァイオットによればキングにはもう1亜種、クロゼ諸島とケルゲバレン諸島の個体群の間には遺伝的に大きな違いがあり、体の大きさの上でも明らかな違いがあると言う。
【属名由来】
属名のAptenodytes(アプテノディテス)は、『羽毛のない潜水者』の意味。

ペンギンをクリックすると、『紹介ページ』へ移動します。

  • エンペラーペンギンエンペラー
  • キングペンギンキング

形態

成鳥の形態

大形ペンギンの属。ペンギン全種の中で、エンペラーは最大、キングも2番目の大きさ。
背側は、エンペラーは灰色がかった黒色、キングは黒みがかった灰色。

見分け方

見分けるポイントは、それぞれ、首の両わき、耳の後ろに斑紋が有る。

エンペラーペンギンの見分け方
エンペラー
  1. ①首の両わきの斑紋は、
    腎臓形で黄色い。
  2. ②体色は、暗い灰青色。
    キングほど明るくありません。
キングペンギンの見分け方
キング
  1. ①首の両わきの斑紋は、
    コンマ形で鮮やかなオレンジ色。
  2. ②体色は、茶色がかった銀灰色。

生息環境

エンペラーペンギン属の生息域

▲地図にカーソルを乗せると、拡大されます。

生息域

エンペラーは南極大陸の流氷帯の内側で生活し、通常その外側の開水面では生活していない。繁殖期の終わる12月か1月上旬に繁殖地を離れ、3月には戻って来る。
 キングは南緯46度〜55度の間に点在する亜南極および南極域の島々で繁殖する。

採餌海域は、南大西洋、南インド洋、オーストラリア南部。年間を通じて、多くの個体は、繁殖地か海岸の小集団の中ですごす。ワンダラー(若鳥や非繁殖個体)は遠く放浪する性質があり、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、南アメリカの沿岸部のほか、南極大陸にも上陸しているのが記録されている。

繁殖場所

エンペラーは、南極大陸の縁の定着氷の上で繁殖します。キングは、インド洋と大西洋の亜南極の島々に繁殖しています。両種の繁殖地は重複してはいません。

繁殖時期

エンペラーは、3月に海から200km離れた繁殖地に上陸してくる。真冬の5月に産卵し12月まで給餌は続く。
 キングの繁殖期は多少変わっていて、最初の繁殖期は、1年目の初めに繁殖を始める。この繁殖期の育雛(いくすう)に成功したつがいは2年目の繁殖期の終盤、1月より後に再び産卵するが、この第2回目は、かならず育雛に失敗する。その後、かれらはすぐに体調を回復して第3回目の繁殖期での繁殖を成功させる。
育雛に1年以上かけるキングは、条件に恵まれると3年に2回の繁殖を行う。なので、どのコロニーでも全ての個体が異なった繁殖の段階にあり、産卵は11月から4月にかけて行われる。

繁殖行動

両種とも終身連れ添う訳ではなく、つがいの関係は1繁殖期で解消するが、次の繁殖期にも引続き同じ個体同士でつがい関係を継続する個体もいる。

採餌行動

エンペラーは、深く潜る時には大きな魚やイカ、タコを食べています。浅く潜る時は、小魚や、オキアミを食べます。キングの場合は、主にイカを、魚も食べる事が有ります。
 昼間は深い所で、夜は浅い所で採餌しています。これは、夜になると、餌が浅い所に上がってくるからです。イカのような深い所にいる餌を食べれるのは、他のペンギンに比べ体が大きく深く長く潜れるからでしょう。

補足

  • 首の両わきの鮮やかな斑紋は、オスがメスを惹き付ける重要な役割をはたします。エンペラーは「よたよた歩き」、キングは「広告歩き」と呼ばれる首を左右に振りながら斑紋を後ろから来るメスに見せる歩き方をして、魅了するわけです。
  • エンペラーは身を寄せあって暮らしていますが、キングは身体を接触するのを嫌います。エンペラーの棲む南極は厳冬期には氷点下60℃まで冷えるので身を寄せ合って極寒を耐え抜きますが、キングの棲む場所はまだ温度が高いので縄張りを主張します。
  • 両種とも巣を作らない。卵は1つ産むだけで、卵やヒナは足の上に乗せて運び、ダブダブの腹部の皮膚の抱卵斑(ほうらんはん:繁殖期に腹部の羽が薄くなり暖め易くなる)で覆う。乗せたまま、ジリジリと移動する。

参考文献

… 上記紹介は、下記書籍を参考にしました。

  • 『ペンギン大百科』 平凡社  アマゾンのバナー
  • 『ペンギン ハンドブック』 どうぶつ社  アマゾンのバナー
  • 『ペンギン ガイドブック』 阪急コミュニケーションズ  アマゾンのバナー
  • 『ウィロー教授の ペンギン学特論』 SEG出版  アマゾンのバナー