よちよち歩きのペンギンぺんたぁず

サイトマップ

コガタペンギン属の紹介

属名詳細

【属の学名】
Eudyptula(エウディプトゥラ)
【属内の種】
コガタ属には、コガタ、ハネジロ、の2種。
ハネジロを亜種とする考え方もある。

以前、1976年にキンスキーとファラによって、ハネジロも含め6亜種とする考え方もあった。
6亜種(ハネジロ、クックコガタ、キタコガタ、フェアリー、チャタムコガタ、ミナミコガタ)

その後、5亜種については独立種としては、疑問があり品種とし、ハネジロだけは独立した亜種として認められた。
最近のDNA分析では、ハネジロを独立種としている。
【属名由来】
属名のEudyptula(エウディプトゥラ)は、『小さな優れた潜水者』の意味。
(マカロニ属の属名「Eudyptes」の『優れた潜水者』と同じ意味で、”非常に小さい”ことを表す。

ペンギンをクリックすると、『紹介ページ』へ移動します。

  • コガタペンギンコガタ
  • ハネジロペンギンハネジロ

形態

成鳥の形態

全ペンギンの中で最小のペンギン属。
体色は、背面が青黒色または青灰色。腹面は白色。
ハネジロの方が、一回り大きい。体重は、コガタは1kg、ハネジロは1.5kg。

見分け方

見分けるポイントは、それぞれ、体色と、フリッパーの白い縁取りの具合。

コガタペンギンの見分け方
コガタ
  1. ①体色は、青みがかった灰色。
  2. ②フリッパー背側は、
    青味がかった黒色で、後縁だけに白い縁取りの有るものもいる。
ハネジロペンギンの見分け方
ハネジロ
  1. ①体色は、青みがかった灰色だが、
    明るい。
  2. ②フリッパー背側には、
    前縁にも後縁にも白い縁取りがある。

生息環境

コガタペンギン属の生息域

▲地図にカーソルを乗せると、拡大されます。

生息域

オーストラリアとニュージーランドの本島および周辺諸島の海岸に分布。北限はオーストラリアのペンギン島とカルナック島、南限はニュージーランドの南島およびスチュアート島。
冬期の非繁殖期でも、成鳥は本来の繁殖地から遠く離れる事は少なく、定着性が強い。離れたとしても、100km以内に留まる。

繁殖場所

洞穴性の個体群と穴居性の個体群とに分かれます。洞穴性のものは、波の侵食によってできた洞穴を利用しています。
穴居性のものは、穴を掘ったり、崖のくぼみや岩の割れ目、茂みなどをそのまま利用しますが、アナウサギやミズナギドリの巣穴を利用したり漁師の小屋の床下に巣穴を作る事もあります。

繁殖時期

3月〜7月にかけて繁殖行動を開始します。8〜10月頃、卵を2個 産卵します。9〜11月には孵化します。
温帯のペンギンは、周年繁殖(1年中どれかの個体が繁殖している事)するので、産卵孵化の時期に開きが見られます。

繁殖行動

繁殖期の初め、未交尾のオスはソロ・コールという独唱でメスを誘います。洞穴性の個体群では、何羽か集まってコーリング・クラブを作って男らしさを競います。こうして配偶者を見つけます。

採餌行動

採餌は周辺の海域、沖合20kmぐらいの所でします。主に小魚やイカなどを食べます。
早朝まだ暗いうちに海へ出かけ、夜、浜辺に戻って来ます。これは、猛禽類、カモメ類などの天敵を避ける為と思われます。

補足

  • とても攻撃的で、呼び名の"フェアリー"(妖精)のイメージとはかけ離れている。
  • コガタの睡眠は、4分間刻みで、これを繰り返しかなりの時間を眠る様です。

参考文献

… 上記紹介は、下記書籍を参考にしました。

  • 『ペンギン大百科』 平凡社  アマゾンのバナー
  • 『ペンギン ハンドブック』 どうぶつ社  アマゾンのバナー
  • 『ペンギン ガイドブック』 阪急コミュニケーションズ  アマゾンのバナー
  • 『ウィロー教授の ペンギン学特論』 SEG出版  アマゾンのバナー