よちよち歩きのペンギンぺんたぁず

サイトマップ

んっ!? 気になる

ガラパゴスペンギン

『ヒナを守る為に一生懸命のガラパゴスペンギン。そんな、生活風景』

ガラパゴスペンギン

ペンギンが見つめてるガラパゴスベニイワガニは、ペンギンの卵を襲う事がある。

捕食

このカニ、ネズミ、ヘビなどが、幼鳥や卵を捕食する。タカ、フクロウ、サメ、その他の大型海性動物による捕食もあるだろうが、個体群の数に影響を与えるほどではない。野生化したイヌ、ネコによる捕食、漁網による捕獲、火山の噴火などによっても、個体数が減少する。溶岩の流入は、海水温を上昇させ、繁殖地の海岸線を変えてしまう。

海洋の変動

エルニーニョがガラパゴス諸島近海で発生して、海水の表層温度が平均25℃に上昇すると、ガラパゴスペンギンは子育てをしない。餌となる小魚などは、栄養の乏しい表層にはあまりいない。下の冷たいが栄養の豊富なクロムウェル海流に多くいる。エルニーニョは、表層の暖流を厚くするのでペンギンの潜れる水深以上に、寒流を押し下げてしまう。

…以上『ペンギン ハンドブック』(阪急コミュニケーションズ)より引用

参考文献

… 上部ムービーは、下記書籍を参考にしました。

  • 『ペンギン ハンドブック』(どうぶつ社)の話しを参考にしました。  アマゾンのバナー