よちよち歩きのペンギンぺんたぁず

サイトマップ

体温調節

ガラパゴスペンギン

『赤道直下の熱帯で暮らすガラパゴスペンギンの、大事な問題は体温調節。』

ガラパゴスペンギン

ガラパゴスペンギンは、極端な温度条件の生活に適応してきた。日中は海で採餌し、夜は陸上ですごす。かれらは採餌のときの海水の冷たさからも、日光にさらされる陸上の暑さからも逃れる事が出来ない。とはいっても、岩の割れ目の中に巣を作る事で直射日光を避けている。
 陸上では、足が日陰になるように背をまるめて立ち、両わきの下が陰になるようフリッパーを伸ばしながら、背中に日光を浴びる。こうすることで、日陰にした足とフリッパーの下面から体温を放熱するとともに、激しくパンティングして(暑くなればなるほど激しくあえぐ)、体温を調節している。

若い未繁殖個体や巣を守らなくてもよい繁殖個体は、高温になると陸上にとどまることなく、海に飛び込んで体温を調節する。

…以上『ペンギン ハンドブック』(阪急コミュニケーションズ)より引用

参考文献

… 上部ムービーは、下記書籍を参考にしました。

  • 『ペンギン ガイドブック』 (阪急コミュニケーションズ)の写真を参考にしました。  アマゾンのバナー