よちよち歩きのペンギンぺんたぁず

サイトマップ

のたりのたり

マゼランペンギン

『夕立ちの後の虹…。マゼラン達は、我、関せず。のたりのたりと時間が過ぎる。』

マゼランペンギン

すると上空から卵やヒナを狙う、ミナミオオセグロカモメが現れた。マゼラン達は威嚇を始め追い払う。
南米アルゼンチン、パタゴニア地方の岬、プンタトンボ。
マゼランペンギンの一大営巣地として知られるプンタトンボは、21ヘクタールの保護区に、繁殖期になると50万羽ものマゼランペンギンが集まる。そして、地面に穴を掘ったり、潅木の根元にほどよい窪みを見つけ 営巣する。

営巣地への到着

プンタトンボには9月初旬に、オスがメスより先に到着する。オスは、着いた当初、営巣地へ移動する前にしばらく海岸で過ごすことがある。それに対してメスは、すぐ内陸の営巣地へ向かう。

巣の密度

1平方メートルに1つから、100平方メートルに1つと非常に差が大きい。これはおもに、土壌のタイプと植生によって決定される。

1つのコロニー内でも、トンネルの中や、低木の下や、地面の上など、さまざまな場所に営巣する。おおいが十分ある巣を好むが、これは太陽光線や捕食者から逃れるためで、ヒナの巣立ちの成功を大きく左右する。雌雄とも、巣作りを手伝う。地表の巣は不完全であることが多いが、羽毛、葉、棒、藻などが巣材として加えられている場合もある。プンタトンボでは、巣の長さの平均は590±49mm、入り口の幅は560±28mm、トンネル頸部の幅は370±13mm、高さは210±10mm。

産卵

プンタトンボでは、最初の産卵は9月の終わり頃。

一般的に2個の卵を生む。色はクリームホワイトで、表面は白亜質だが、なめらかである。

抱卵

第一卵の産卵後、オスが巣に残って卵を守り、メスは2卵目を生むまで海へ出かける。メスは2卵目を生むために帰ってくると、産卵後そのまま14.9±4.0日間の最初の長期抱卵に入る。その間オスは海へ出かける。その後は互いに交代し、孵化が迫るにつれ短い抱卵を繰り返す。抱卵期間は、40日前後。

捕食者

陸上では、主に卵やヒナを捕る。ミナミオオセグロカモメや、主要な捕食者であるオオトウゾクカモメ、アラゲアルマジロ、チコハイイロギツネ、フンボルトスカンクなどが挙げられる。海では、オタリアやシャチが巣立ちしたヒナや成鳥を捕獲する。

…以上『ペンギン大百科』(平凡社)より引用

参考文献

… 上部ムービーは、下記書籍を参考にしました。

  • 『ペンギン大百科』 (平凡社)より引用しました。  アマゾンのバナー
  • 『ペンギン大好き!』(新潮社)の写真を参考にしました。  アマゾンのバナー